目を閉じて体操する姉ちゃんと飛行機雲

化粧師のハートは砕けない

「乙女」のこと嫌いかな?好きかな?いろいろ意見があるかもわかんないけど、必ずしも悪いものじゃないよね、「青年」。そう考えたりしない?

TOP PAGE >

□雨が上がった祝日の夕暮れは座ったままで

きょうは、1ヶ月半ぶりに雨が降った。
チヌ釣りの約束を釣り仲間としていたが、雷が鳴ってきたので、さすがに危なくて行けなかった。
あとで外を見たら、雨がやんだので、できれば行ってみるということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んで来ていた釣り人が、あわてて釣り道具をしまっていた。
えさを解凍して用意していたのに残念だった。
次の機会にと話して道具をなおした。
来週は晴れが続くらしい。
なので、次こそ行こうと思う。

気どりながら跳ねる兄弟と私
喜んでもらえる贈り物を思いつかなくてはと考えている。
結婚記念日が近くて、妻に喜んでもらえるプレゼントしたいのだけどとても良い贈り物が決まらない。
家内に何か手に入れたいものがあればいいのだが、あまり、欲しがるものがないので、本人がもらって喜びそうなものが見当たらない。
とは言っても、内緒で本人がもらって喜びそうなものを見つけて驚かせたい。

□騒がしくダンスする彼女と花粉症

仕事で、日光市へ行くことが非常に多かった。
関東地方の北寄りに位置する日光は栃木県にあって、海のない県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、寒くなると雪が積もり、除雪車やチェーンは必須になる。
紅葉が始まると、東北道で、2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日というスタイルがとにかく多く、ニュースなどで日光市が登場すると思い出に浸ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は行ってみてほしい所だ。
紹介させてもらうと、見どころはやはり東照宮。
あの有名な徳川家康の眠っている所で、中の厳かな様子に驚くだろう。
さらに、いろは坂を上りきったところにある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉らしく、乳白色で熱めの湯。
この温泉を浴びると冷えにも良いだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元を目標にかなりの人数の湯治客が集まったようだ。
その様子は想像可能な古い歴史を持つ栃木県日光市。
ホテルの紹介も兼ねて、情報誌などにたくさん載っているここに、ぜひまた行ってみたいと思っている。

ひんやりした大安の昼に椅子に座る
近所のスーパーマーケットで買い物をしていた。
冷食コーナーで、アスパラを探していた。
いろいろ見ていたら、韓国文字で表記されている冷凍食品を探し出した。
じーっとみると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
先月ミョンドンへ向かった時に、幾度となく韓国に旅している先輩に勧められたトッポギ。
日本で冷凍食品として、屋台のトッポギが買えるなんて、感動ものだった。

□風の強い大安の明け方は窓から

夏休みが2週間くらいたった頃の夕方。
「缶ケリ」で鬼役をしている少年は、とんでもなくお腹がペコペコだった。
捕らえても捕らえても缶をけられてみんなが逃げるので、もう今日の缶けりは終わらないんじゃないかと肩を落とした。
へとへとに遊び疲れて家に帰ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が分かった。
めちゃめちゃ美味しそうなカレーの香りに、少年は胸が高鳴った。

ひんやりした火曜の午後に椅子に座る
旅行でも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
なじみがあるのは、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女の人は韓国コスメやネイルなど興味がある方も多いと思う。
韓国の人見た目へのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての力は強い。
就職や、結婚の際に、日本よりも露骨に判断されるシーンが多いという。
そんな傾向から、韓国で販売される美容商品は、成分が日本製より多く含まれているらしい。
そのため、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してもいいだろう。

□暑い水曜の深夜にこっそりと

知佳子はAさんが大好きなのだろう。
Aさんも知佳子を可愛がっている。
彼が出張が決まれば、知佳子もついて行くし、先日は私も一晩だけ同行させてもらった。
2人は私を同じニックネームで呼びかけるし、何か意見を求める時は、二人して、私に聞いてくれる。
どうしたものか目をかけてくれているような感じがしてかなり心地が良いと思った。

息もつかさず踊る先生と気の抜けたコーラ
「今夜はカレーよ。」
少年はお母さんが言ったその言葉を聞いて、思わずガッツポーズをとった。
少年は学校から帰宅して、扇風機にあたりながらテレビを見ていたところだった。
今日は西日が暑い。
窓辺では風鈴が風に吹かれて鳴っていた。
TVでは、昔のなつかしアニメを放映していた。
今日は「一休さん」だった。
こんな頭脳明晰な坊主がいたら、学校のテストは満点取るだろうな、と少年は思っていた。
だけど、キッチンからカレーの香りが居間まで漂ってきた時、少年は一休さんのことは頭から飛んでいってしまった。

□悲しそうに跳ねる妹と草原

どこかしら生地は金額がする。
娘が園に行きだすので、本入れやボール入れが持っていかなくてはならないですが、ちょっと驚くくらい普通の生地が価格が高かった。
ひときわ、アニメのキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、めっちゃ価格が高かった。
アンパンマンやキティーちゃんの布がたいそう価格が高かった。
使用する大きさのの既成品を購入した方が手っ取り早いし、お手軽だけど、しかし、田舎なので、みんな、家でつくったものだし、隣近所に販売していない。

雨が上がった木曜の夜明けは昔を思い出す
現在のネイルサロンは、ジェルなど、非常に高い技術が駆使されているみたいだ。
ちょっぴり安くなるインビテーションを譲ってもらえたので来店してみた。
人一倍、カラーやシンプルさに関して、優柔なので、デザインを伝えるのに時間がかかった。
薬指に特別にネイルアートをしていただいて、その日はご機嫌になれた。

□コンテンツ


□コンテンツ


Copyright (C) 2015 化粧師のハートは砕けない All Rights Reserved.
top