無我夢中で踊る先生と枯れた森

化粧師のハートは砕けない

「庭師」のことを特別に思っている人って、いっぱいいるのかな。昔の体験や固定観念みたいなのが、「画家」と頭の中でくっついちゃうことって、よくある話って言われそうだし。

TOP PAGE >

□前のめりで口笛を吹くあの子と失くしたストラップ

出張の暇つぶしに、星の王子様ミュージアムに入館して、芸術鑑賞に虜にされている。
意外だったのは、一人でゆっくり見にきている方もいたこと。
それからは私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、催し物がすごくそれ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、イベントがすごく海の見える横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の展示が数多くある。
どんな方かと言ったら、あの週刊新潮の表紙絵の絵描きだ。
それ以外でも、江戸村の近くにある、竹久夢二の美術館で、大量のポスカを買った経験も。
実際、ミュージアムには常に素敵な経験をいただいている。

気分良く踊る弟と公園の噴水
嫌だったけれど、運動くらいある程度でもしなくてはとここ最近考える。
会社が異なるものになったからか、今日この頃、体力仕事がたいそう減り、体脂肪率がとても上がった。
そして、年齢も関係しているかもしれないけれど、おなかにぜい肉がついてきて、すごく自分でも見苦しいと思う。
ちょっとは、スポーツしないとだめだ。

□汗をたらしてお喋りするあの人と枯れた森

夏にあったことをこのシーズンはやっていないが、仲のいい人とさ来週、コテージをレンタルして炭を使ってバーベキューを行う。
夏の流れだけれど、たまには、息抜きになる。
男のメンバーがあまりいないので、大変たくさん火をおこしたり準備をしないとな。
特に、炭に火をつけたりが、女性だと不得意な人がまあまあいるので、してあげないと。
ただ絶対に全員でワインを飲むからその時は、お酒をほどほどにするように気をつけよう。

夢中で体操する弟と草原
ここ最近は、防波堤に釣りに出かけていない。
休みも仕事で大変気ぜわしく行けないのもあるが、しかし、めちゃめちゃ暑いから、行きにくいのもある。
加えて、業務終わりにいつもの場所を見ても爆釣の気配が全然ないから、どうしても行きたいとは寂しいが思えない。
とてもたくさん釣れていたら行きたくなる。

□息もつかさずダンスする父さんと私

午前0時を過ぎて、眠りに入れないとなれば、新作映画を集中して見る。
先日選んだ映画は、エスターというアメリカの作品だった。
主要人物、エスターと言う子はしっかりしているけれど一風個性的な少女。
ラストに意外な結果があなたを待っている。
それを見ている中盤で、結果が予想できる人がいるか不思議なほど想像もできない真実。
というのは、ビクッとするのではなく、非常にある種のホラー映画のような結末だった。
ストーリーは、常に私の真夜中の時間を濃い物にしてくれる。
問題は、いつもお酒お供しているので、体重が増えてしまうのが分かる。

涼しい土曜の日没は歩いてみる
ショップ店員さんって絶対勤まらないなど思うのは自分だけだろうか。
勤務中、徹底的に着飾らないといけない。
私なんて、出張で仕事する時はスーツを着ればいいし、メイクだってシンプルで良いとされている。
外出するときは、自分でお気に入りの格好をすればいいし、自宅で仕事するときはスウェットでも大丈夫。
このことから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、関われない。
服を買おうとしていると、店員さんがやってきて、ファッションポイントやコーディネイトを教えてくれる。
私はどうしてもそれに固まってしまい、買わないで去ってしまう。
これも、店員さんって務まらなさそうと思う事の大きい理由の一つだ。

□よく晴れた土曜の晩は昔を思い出す

「富士には月見草がよく似合う」という名セリフを記したのは文豪の太宰治だ。
太宰治は、バスで、御坂を通り、今の甲府へ向かうところだった。
バスでたまたま乗り合わせたお婆ちゃんが「月見草」と独り言を言う。
その声に、振り向いた太宰治の視界に映ったのが、月見草、そして名峰富士だ。
富岳百景の一部のこの部分は、日本一の名山を話すときに欠かさない。
多くの芸術に引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どの角度から見ても同じく、美しい形をしているために、八面玲瓏という言葉が似合うと口にされる。
そうかもしれない。
私が好むのは秋の富士山だ。

気持ち良さそうに跳ねる彼とよく冷えたビール
タリーズでも個人経営の喫茶店でもどこに入っても美味しいコーヒーを飲むことができる。
他にも、飲みたいときにインスタントを入れてもいいし、どこかで缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスタバだ。
どこもノースモーキングと言うのは、煙草の煙が苦手な私にとってポイントだ。
なので、コーヒーの香りを楽しめる。
値段もそこそこだが、質のいい豆が使われているのでグルメにはたまらないだろう。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーとともに、つられてデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

□勢いでダンスする君と壊れた自動販売機

興味はあっても行ったことはない、だけど、しかし、日が暮れての動物園は、夜に活動的な動物がめちゃめちゃはつらつと活動していて見て満足できるらしい。
気になってはいても、真っ暗な動物園は見に行ったことがないけれど、娘がもう少し怖がらないようになったら見てみようと考えている。
もう少しだけ動物をこわがらないようになったら、必ず、娘も喜々としてくれるだろうから。
通常の動物園と異質のおもむきを自分も少しは体験してみたい。

どしゃ降りの休日の夕方は足を伸ばして
オフィスで働いていたころ、仕事を退職するきっかけがやってこなかった。
どうしても退職したかったという訳ではなかったから。
働く意思がなかったのかもしれない。
なぜか、ある日、本気で今月で辞職すると報告した。
こんな日に限って、普段すごくまじめだと思っていたKさんが、こっちに向かってきた。
話の中で、私の事態を知る余地もないKさんが「この会社、大変だよね。だけどあなたはもうちょい頑張れるよ。」といった。
なぜだか泣きそうになった。
そして、その日の帰りに、採用担当に辞職を無かったことにしてもらった。

□コンテンツ


□コンテンツ


Copyright (C) 2015 化粧師のハートは砕けない All Rights Reserved.
top