目を閉じて話す妹と突風

化粧師のハートは砕けない

「カレーライス」のことを特別に感じている人って、どれくらいいるんだろう。幼い頃の体験や固定観念とかが、「生徒」と結びついてしまうことも、あると思うんだよね。

TOP PAGE >

□前のめりで走るあの子と月夜

カメラ自体、実に楽しいと思うけれど、また例外的と言うくらい好きなのがトイカメだ。
5000円程でcheapなカメラがすぐに持てるし、SDカードがあればパソコンでもすぐ再現できる。
臨場感や、瞬間を写すには、レフが似合うと思う。
だけど、そこの空気や季節感を撮りたいときには、トイカメラには他の何にもかなわないと熟考する。

控え目にお喋りする姉ちゃんとぬるいビール
江國香織の小説に出てくる主人公は、陰と陽を持っていると思う。
不倫をそこまで責めない。
けれど、心から愛しているのは別のたった一人。
なんてヒロインが多いような気がします。
不貞行為を陰だとしてみると、旦那さまは陽。
たまに別の自分が入ったように陰が出てくる。
結婚以外での恋愛に関する考えは置いておいて、その女性をしっかりみつめる。
自分の中に新しい恋愛観や見方が現れることもたまにある。

□涼しい水曜の深夜に座ったままで

ひえしょうになってからは、こころもち過酷だけれど、やはり寒い時期がマストだ。
外の空気が乾燥しているので、カラリとした香り、その上布団の温かさ。
真冬の陽の光ってゴージャスな気がするし、一眼を持って行った、夜の海岸もきれい。
季節の空気を撮る場合は、一眼もいいけれど、トイでめちゃくちゃシャッターに収めるのがクールでかっこいい写真が手に入る。

凍えそうな月曜の夜明けは想い出に浸る
水彩画やフォトなど芸術観賞が嫌いではないし、絵も苦手ではないのに、写真が非常に苦手だ。
でも、過去には一人前に、一眼レフなんか持ってた時もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
驚くほど焦点が合わないし、変わったアングルなので、レフがあきれているようだった。
それは良いとしても、写真や写真の加工はやっぱり凄く面白いと思った!

□寒い木曜の午前に外へ

先日の朝刊に、日本人女性の眉毛のデザインに関して、興味をそそる記事が書き留められていた。
真相を知ると、急に色香まで感じてくるので不思議だ。
見るだけでは、不気味にも感じる場合もあるが、江戸時代では成人女性の印だという。
なるほど、と思えば、急に色っぽさも感じられるので不思議だ。

気持ち良さそうに口笛を吹く父さんと擦り切れたミサンガ
何年か前から、南九州に住むようになって台風をめっちゃ気にかけることになった。
風が全く違うからだ。
大分に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるが、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールポストが動いていくと聞いたときは、大げさだと思ったが、本当だった。
超大型台風が通った後は、ヤシや大きな木は倒れ、海の横の道路はゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの家では、車両のフロントガラスが割れたり、民家のガラスが割れ、天井が飛んだりと嘘だと思っていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風は大変強く、古い民家に住んでいると家の揺れてきしむ音がたいそう心配してしまう。

□蒸し暑い火曜の夜明けは想い出に浸る

今更ながら、任天堂DSに依存している。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語関係のソフトを中心にしていたのみであった。
だけど、ベスト電器でゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も気になってしまい、無駄に購入してしまう。
友コレやクロスワード、どうぶつの森などなど。
変わったソフトで、中国語講座もヒットしている。
例えば、移動中などの少しの空き時間には活躍しそうだ。

雪の降る木曜の夕方にビールを
名高いお寺さまである、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪れた。
法隆寺式伽藍配置もばっちり見せてもらい、五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも少しだけ大きかった。
このお寺様について学ぶには、思いのほか、多くの時間を必要とするのではないかと感じている。

□曇っている休日の夕暮れに散歩を

あるいつもと違うような内容の業務があったとき「まあ、なんとかなる」と考えていた新米の頃。
その時、私たちプロジェクトメンバーのみんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」などと無責任に取り組んでいた。
そこで指導官の先輩が注意した言葉が記憶に残っている。
「目的のために十分に時間を費やしたからこそ、業務終了後に成功しただけの話。
よって、この状況のように軽くとらえていて、たまたま業務が大したことなかったという意味ではありません。
終わってしまえばなんてことないと言う言葉の裏にあるのは、真逆です。
コツコツと真面目に学び準備を進めたからこそ力が有り余って、事が円滑に進んだと言っています。
真面目に取り組む気になれましたか?
甘く見ないで頑張りましょう。」
と言うセリフ。
その後、私は必死に勉強しなんとか仕事をすることができた。

涼しい月曜の晩にお酒を
学生のころよりNHKを見ることがとっても増えた。
昔は、両親やじいちゃんが見ていたら、民放の映像が見たいのにと考えていたが、ここ最近は、NHKも見る。
楽しい番組がめちゃめちゃ少ないと思っていたけれど、最近は、おもしろいものもふえた。
それと、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それ以外に、攻撃的でないものや娘に悪い影響がものすごく少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえとっても攻撃的だと思える。
いつもぼこぼこにして終わりだから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

□コンテンツ


□コンテンツ


Copyright (C) 2015 化粧師のハートは砕けない All Rights Reserved.
top